ワラビの栄養成分と効能

わらび

シダ植物の一種

日当たりの良い草原などに群生する山菜です。春から初夏にかけて新芽を食用にします。

食用の新芽は発がん性物質が含まれていることが明らかにされています。必ずアク抜きをしましょう。

わらび餅

ワラビの地下茎からでん粉(わらび粉)が取れるため、わらび餅の原料として使われていました。しかし現在はわらび根から取れるでん粉は少なく、手間がかかるため、わらび粉の代わりにサツマイモやタピオカのでん粉を取材料にしたものがほとんどです。

本物のわらび粉だけで作ったわらび餅は希少な高級品となっています。

便秘の予防、改善、老化の抑制に

食物繊維や葉酸を含み、タンパク質代謝を促すビタミンB2を多く含んでいます。