サニーレタスの栄養成分を効能

サニーレタス

普通のレタスよりダントツに高い栄養価

サニーレタス、サラダ菜、カキチシャなど結球しないタイプのレタスは緑黄色野菜に含まれ、一般に普及する玉レタス(淡色野菜)に比べてβカロテン、ビタミンC、E、カリウム、カルシウム、食物繊維などが豊富です。

栄養には苦味やエグみがあるものですが、たっぷり日を浴びた露地物のサニーレタスは軽い苦味を感じることがあります。レタス類の苦み成分はラクチュコピクリンなどで、若干の鎮静作用があります。成長の進みすぎや、窒素肥料の多さが苦みの原因です。結球するレタスと比較すると、日に当たる面積が多く、栄養も豊富になります。冬のサニーレタスはほとんど苦みを感じません。

サニーレタスはβカロテンを豊富に含有します。βカロテンは活性酸素を除去する力が強く、ガンや動脈硬化など、生活習慣病の予防に役立ちます。

ビタミンCやEも豊富に含有され、βカロテンと相乗して強い抗酸化力を発揮します。これらは老化を防ぎ、若く美しい肌を維持するほか、血液をサラサラにする効果が期待できます。

またビタミンEは若返りのビタミンとも言われ、強い抗酸化力で活性酸素を除去し、細胞を錆び付きから守ります。『抗酸化力のビタミンエース(ACE)』と呼ばれるのはビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEの3セットです。これらを豊富に含有するサニーレタスの常食は、アンチエイジングに寄与します。

更年期以降の女性にも

ビタミンKが特に豊富で、骨作りに必要なカルシウムとともに、骨粗鬆症が心配な更年期以降の女性に役立ちます。サニーレタスはカルシウムも含んでいます。

その他カリウムは体内のナトリウムを排出して血圧を下げる効果があります。日本人は平均して目安量のカリウムを摂取できていますが、高血圧など生活習慣病を予防するにはさらに多くの摂取が望まれています。通常の食事でカリウムの過剰摂取が問題になることはありません。

脂っこい料理の敷き物にされていることが多いサニーレタスですが、先に食べることで糖や油の吸収を穏やかにします。