スダチの栄養成分と効能

柚子の近縁種で、青い皮の風味を楽しむさわやかな酸味の果物

徳島県の特産品。かぼすよりひと回り小さく、実は青く未熟なうちに収穫して出荷されます。柚子類の中では特に香りが良く、松茸料理などに利用されます。

糖尿病への効果が期待される

徳島大学の研究チームが、すだちの搾りかすに血糖値上昇を抑える効果があると発表(2006年)しました。

花粉症への効果も期待

花粉症やアレルギー性気管支喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギーに有効性が認められる「ナリルチン」が含まれています。とくに柑橘類のジャバラには柚子汁の6倍の濃度のナリルチンがあるとされています。それには及びませんが、すだち汁にも高濃度のナリルチンが含有されているため、花粉症の改善に役立ちそうです。

クエン酸が体をアルカリ性に

強い酸味と抗酸化力のあるビタミンCとクエン酸を多く含んでいます。クエン酸は疲労回復や免疫力のアップに役立ち、夏風邪予防や肌荒れ対策に効果を発揮します。また抗酸化作用の補助剤として血液をサラサラにし、血栓を防ぎます。