サラダ菜の栄養成分と効能

生で食べることが前提の緑黄色野菜

キク科アキノノゲシ属の一年草または二年草の野菜です。ゆるやかに結球する「バターヘッド型」で、やや苦味がありますが、その分栄養価も豊富です。結球する普通のレタスと比較すると栄養成分が満点です。緑黄色野菜の豊富なβカロテンの他、ビタミンはA、C、E、K、葉酸を、ミネラルはカリウムや鉄などを豊富に含有しています。

βカロテンが豊富です。ビタミンはA、C、E、K、葉酸などが、ミネラルはカリウムと鉄が豊富です。

βカロテンを豊富に含有

βカロテンは緑黄色野菜に含有されるカロテノイドで、必要に応じて体内でビタミンAに変換されます。強い抗酸化力で老化を防ぎ、若く美しい肌を維持します。また癌を予防、抑制する効果、動脈硬化を防ぐ効果などが期待できます。

βカロテンには夜盲症の予防、改善や、黄斑変性症の予防効果もあります。

ビタミンCやEにも抗酸化作用があり、相乗効果が期待されます。熱で壊れやすい成分ですが、サラダならしっかり摂れそうです。

ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれ、血液中の悪玉コレステロールによる酸化を抑制し、血栓をできにくくします。

また葉酸にも動脈硬化を予防する作用があることが報告されています。

骨のビタミンとも言われる「ビタミンK」を含有

ビタミンKは血液のビタミンとも、骨のビタミンとも呼ばれ、正常な止血や、骨の形成に寄与します。レタスと骨、イメージ的には関係なさそうですが、レタスは骨にもなります。

妊娠前、初期に必要な葉酸を含有

葉酸も豊富ですが、日本人の平均的な食事では、葉酸が不足する心配はありません。ただ妊娠前や妊娠初期には通常の2倍程度の葉酸が必要になります。この時期に葉酸が不足すると胎児の先天異常(神経管閉鎖障害)の発症リスクが高まります。

カリウムでむくみを解消

サラダ菜は豊富なカリウムを含有しています。カリウムは体内のナトリウムを排出してむくみを解消するほか、食塩感受性による血圧上昇を防いでくれます。また長時間の運転などで起こる筋肉の痙攣などを予防してくれます。