ラディッシュの栄養成分と効能

畑のラディッシュ ラディッシュ

大根の仲間でもっとも小型の生食向きのミニ大根です。収穫までの時期が短く、種まきから二十日前後で収穫できることから二十日大根の名前がつけられたとされています。

色素成分で抗酸化力をアップ

根の部分の栄養価はあまり高くはりませんが、アントシアニンの一種である赤色の色素成分シアニジンは強い抗酸化作用があり、細胞の老化を抑制したり、がん細胞の増殖を抑え、動脈硬化を予防するなどの効果が期待できます。

葉に豊富なカロテン

葉の部分は緑黄色野菜となり、栄養素もたっぷりなので、有効に利用しましょう。根の部分にはないβカロテンが特に豊富で、ビタミンB群、C、E、カリウム、カルシウム、鉄を多く含有しています。

胃もたれ、食欲不振の解消に

大根と同じ消化酵素ジアスターゼ(アミラーゼ)というでんぷん分解酵素が多く含まれています。消化を助け、胃酸過多、胸焼けなどを解消し、胃腸の働きを整える作用があります。