パプリカの栄養成分と効能

パプリカ

ピーマンの青臭さがない、カラフルな色合いが特徴

ナス科トウガラシ属の野菜ですが、自然な甘みが楽しめます。

ピーマンより肉厚で、赤・黄・オレンジのものがあります。ビタミンCは加熱すると壊れやすい性質を持っていますが、パプリカは厚い果肉に守られているため損失が少ないとされています。

ピーマンより強い抗酸化力

抗酸化作用の強いビタミンC、E、βカロテンはピーマンよりパプリカのほうが多く含有しています。特に赤やオレンジのパプリカはカロテノイド系の色素成分を多く含んでいて、ガンや動脈硬化の予防効果があります。

またビタミンCはピーマンとの比較で倍以上含有しています。風邪予防、疲労回復、美肌効果などが期待できます。

オリーブオイルで抗酸化作用アップ

パプリカのビタミンCの抗酸化作用を上昇させる方法として、ビタミンEを多く含む食材と一緒に摂ることが効果的です。ビタミンEが多く含まれ、パプリカに合う食材ではオリーブオイルがお勧めです。オリーブオイルでソテーをすると抗酸化作用アップに加えβカロテンの吸収率も高まります。また抗酸化ビタミンであるビタミンC・Eは美容と健康にも効果的であることから、肌を美しく保ち目の粘膜の保護にも期待できます。更に抗ストレス対策にも有効です。