ミツバの栄養成分と効能

日本原産の香味野菜

日本原産の香味野菜です。冬から春が旬で、古来野生のものが食用にされていましたが、本格的な栽培が始まったのは江戸時代です。最近のハウス栽培ものは野生のものより香りが弱いようですが、それでも爽やかさが口に広がります。シソと並ぶ和製ハーブの代表です。 

香り成分に鎮静作用

香り成分のクリプトテーネンやミツバエンには、神経を安定させ、苛々を解消する成分が含まれています。

また食欲を増進させ、消化吸収を助ける効果があります。

生活習慣病に

ミツバはカリウムを豊富に含んでいます。カリウムはナトリウムを体外に排出して、高血圧などを予防、改善します。

またミツバはβカロテンを豊富に含んでいます。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、活性酸素の除去などに寄与します。これによりガンや糖尿病を予防する効果があります。

同じく活性酸素を除去するビタミンCも豊富なため、相乗効果が期待できます。

美肌効果も

βカロテン(ビタミンA)には乾燥肌を予防し、皮膚の発育を正常に保つ効果があります。ビタミンCなどとも相乗して美肌効果が期待できます。