クレソンの栄養成分と効能

西洋料理の普及とともに広がったヨーロッパ原産の緑黄色野菜

清流のある場所に自生することから「ウォータクレス」、「オランダ水芥子」などの別名があります。旬は早春です。

ステーキの付け合せやサラダには葉の部分だけが使われますが、茎にも豊富な栄養が含まれているため、スープやおひたしに利用したいものです。

食欲増進に

クレソンのツンと来る辛味は、辛子油配糖体のシニグリンです。この辛味が薬味となって口の中をさっぱりさせて食欲を増進させ、消化を促進します。胃もたれなどの予防に重要な栄養成分です。

抗ストレス作用、貧血予防にも

抗酸化ビタミンのβカロテンや、ビタミンCを多く含有しています。ビタミンCは抗ストレス作用やコラーゲンの生成作用にくわえ、鉄の吸収を促進する働きがあります。鉄を効率的に取り込むことができるため、貧血を起こしやすい妊娠中の女性に特におすすめです。

またタバコのニコチンを消す働きもあります。

ビタミンKも豊富で、骨粗鬆症を予防する効果があります。