菊芋(きくいも)の栄養成分と効能

血糖値を下げる水溶性食物繊維「イヌリン」を含有

きくいもは水溶性食物繊維のイヌリンを含有しています。

イヌリンは腸内で水分を吸収してゲル状になり、糖質の吸収を抑制します。

発酵分解されるとフラクトオリゴ糖になります。これは難消化性のオリゴ糖で、腸内では善玉菌の餌になって腸内フローラを改善します。善玉菌が増えると体質が改善され、インスリンが分泌されやすくなります。このため長期的に血糖値が安定しやすくなります。

腸内フローラが改善された状態では、免疫力も増強されます。また腸の蠕動運動が盛んになり、便秘が解消されるため、腸内の有害物質が速く排泄されるようになります。これらの作用により、ガンなどを予防します。

血圧の上昇抑制

炭水化物は少なめでカリウムなどのミネラルをバランス良く含んでいます。イヌリンとカリウムの相乗効果で血圧の上昇抑制の効果が期待されます。

生でも食べられる

サツマイモに比べて糖質は控えめです。でん粉が少なく、クセがないので生でも食べられます。千切りにしてサラダにするとシャキシャキとした食感の美味しい芋のサラダが楽しめます。