ケールの栄養成分と効能

青汁の材料となる緑黄色野菜

「緑黄色野菜の王様」と言われ、ほぼすべての栄養素をたっぷり含有しています。そのためあらゆる病気の予防効果が期待できます。旬は春です。

キャベツの原種と言われています。結球はしませんが葉の表面にちりめん状のシワが特徴。栄養素もキャベツと大きく違い、βカロテンを主体とするビタミンAが豊富です。独特の香りとクセを持つため、料理の食材ではなく、青汁の材料として使われています。ビタミンCなどの水溶性成分を多く含むため、摂取方法として青汁は理に適っています。

便秘の予防・改善、血糖値の抑制、コレステロール値の改善、ガン予防

βカロテンの他、ビタミンB1、B2、C、E、Kのビタミン類や、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどミネラル全般を含有しています。

この豊富な栄養素により、血糖値の急上昇や、コレステロールの上昇、活性酸素の働きなどを抑える効果があります。これによりガンなどの生活習慣病全般を予防する食材として注目を集めています。