かいわれ大根の栄養成分と効能

平安時代には貴族に食べられた高級食材

もっとも普及したスプラウト(野菜の新芽)です。元になる種は「かいわれ大根専用種」の場合もあります。抗酸化パワー抜群のビタミン類がぎっしり揃っています。

かいわれ大根

ビタミン群の充実でガンの抑制に効果あり

ビタミンB1、C、βカロテンにつづき、抗酸化作用がとりわけ強いとされるビタミンEの相乗でひときわ強い抗酸化パワーを発揮します。また辛味成分のシニグリンも抗酸化作用があり、がん細胞の活動を抑制します。

シニグリンは抗ストレスや肌のトラブル改善など、幅広い効果が期待できます。