ゴマの栄養成分と効能

栄養価の高い食品として知られるゴマですが、現在の日本のゴマは99.9%が輸入品です。国内では鹿児島県喜界島が有名なゴマの産地です。

ゴマの歴史

ゴマの歴史は古く、日本では縄文時代の遺跡からゴマの種子が出土しています。外国では古代エジプトで薬用として利用されていたことが分かっています。

アリババと40人の盗賊の扉を開ける呪文『開けゴマ』は英語で『オープン・セサミ』。このことからもゴマは古代のアラブ・イスラム諸国で常食されていたのではないかと想像できます。

ゴマで活性酸素を撃退

ゴマに含まれるリグナンには活性酸素を撃退するパワーがあることがテレビで放送され、ゴマの人気が急上昇しました。グリナンには活性酸素を撃退し、肝機能を強化し、細胞の老化や眼科を抑制する働きがあります。

肝機能改善、老化抑制にゴマリグナンが最適

老化の原因になる活性酸素の7割は肝臓で発生します。ビタミンC、カテキン、アントシアニンは血液中の活性酸素を抑制する働きがありますが、肝臓には到達しません。ゴマリグナンは肝臓で抗酸化作用を発揮するので肝機能の改善とともに老化を防ぐ作用としての効力は最適です。

生活習慣病予防・女性の美容と健康に

白ゴマは油脂が多く、黒ゴマは鉄やカルシウムが多く含まれています。脂質は成分の半分以上を占めています。リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれ、コレステロールの上昇を抑える働きで生活習慣病予防に効果的です。その他、鉄・カルシウム・ビタミンB群・Eなど女性の美容と健康に欠かせない栄養素も豊富です。

栄養を取る食べ方をしましょう

ゴマはそのまま食べるとほとんどが消化されずに排泄されてしまいます。また生で食べると栄養の吸収率が悪いため、必ず炒ってすり鉢で砕いたものを食べることをお勧めします。ゴマに不足しているビタミンA・Cの多い緑黄色野菜(小松菜・チンゲン菜等)をおひたしなどにして振りかけて一緒に食べると、ビタミンEとの相乗効果で栄養効果が高まります。また海藻に振りかけて食べると海藻のビタミンKがゴマのカルシウムの働きを助け、栄養効果が高まります。

生活習慣病予防・女性の美容と健康に

白ゴマは油脂が多く、黒ゴマは鉄やカルシウムが多く含まれています。脂質は成分の半分以上を占めています。リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれ、コレステロールの上昇を抑える働きで生活習慣病予防に効果的です。その他、鉄・カルシウム・ビタミンB群・Eなど女性の美容と健康に欠かせない栄養素も豊富です。

栄養を取る食べ方をしましょう

ゴマはそのまま食べるとほとんどが消化されずに排泄されてしまいます。また生で食べると栄養の吸収率が悪いため、必ず炒ってすり鉢で砕いたものを食べることをお勧めします。ゴマに不足しているビタミンA・Cの多い緑黄色野菜(小松菜・チンゲン菜等)をおひたしなどにして振りかけて一緒に食べると、ビタミンEとの相乗効果で栄養効果が高まります。また海藻に振りかけて食べると海藻のビタミンKがゴマのカルシウムの働きを助け、栄養効果が高まります。