葡萄(ぶどう)の栄養成分と効能

疲労回復に最適なフルーツ

夏から秋が旬のフルーツです。ブドウの主成分は糖類の中でももっとも吸収されやすいブドウ糖や果糖などです。これらの糖分は体内で素早くエネルギーに代謝されるため、疲労回復に最適のフルーツとされています。

脳卒中を予防するポリフェノール

抗酸化作用の高いポリフェノールは皮や種に含まれ、血栓の発生を防ぐことで脳卒中を防げます。赤い色素はアントシアニンの一種、レスベラトロールという成分で、ガンを抑制する作用が発見されています。

干しぶどう(レーズン)の栄養効果

ポリフェノールは主に皮と種に集中して含まれています。干しブドウにすると成分が濃縮され、生果との比較で鉄、カリウム、カルシウムなどのミネラル含有量が5〜20倍に増加します。貧血や骨粗鬆症予防、便秘解消に役立ちます。

葡萄の皮の白い粉を避けていませんか?

ブドウの粒をよく見ると白い粉を吹いているものがあります。これを農薬と見て避けていないでしょうか。この白い粉はブルーム(果粉)と呼ばれるもので、実から出る成分が粉になり、食べ頃と新鮮さを表しています。さらに水分の蒸発を防ぎ、旨味を保つため、実の表面に近い粉がふいているものが良品といえます。