アケビの栄養成分と効能

最近は珍しくなった果物

アケビ

アケビ科アケビ属の秋のフルーツです。あちこちの山野に自生しています。若い人の中には「聞いたこともない」という人も多いでしょう。ご高齢の方なら「懐かしい」と思われるかもしれません。実を口に入れると仄かな甘みがありますが、種が邪魔になってもぐもぐとは食べられません。種を出しながらゆっくり食べる果実です。

主な栄養素はビタミンCとカリウム

あけび

実の部分にはビタミンCとカリウムが豊富に含有されています。ビタミンCはコラーゲンの合成や、筋肉・血管・皮膚・骨の強化に関わります。また過酸化脂質の生成を抑制し、強い抗癌作用を発揮します。

またアケビはカリウムも豊富に含有しています。

カリウムは、ナトリウムの摂り過ぎによる高血圧を改善し、水分を排出してむくみを解消します。実よりも皮の部分に多く含まれています。

皮は苦味が強いので、軽く茹でたあと冷水にさらしてアクを抜きます。あまり美味しいものではありませんが、薄くスライスして天ぷらなどにします。

実はスプーンですくい取ってそのまま食べます。